リボルビンク契約と利息の計算方法

キャッシングの契約は通常リボルビング契約という形になります。これは申込者の信用力に応じてその限度額の範囲内であれば、何回でも繰り返し利用できるのが特徴です。もちろん利息が掛かります。これは通常日割りで計算されて算出されます。計算式は、「借入残高×年率÷365×利用日数」で算出できます。
例えば20万円を15%の金利で9日間利用した場合、200000×0.15÷365×9=739円(1円未満は切り捨て)になります。


弁済の種類

リボルビングの弁済方法は大きく分けて2つに分かれています。定額もしくは定率とがあり、これらもそれぞれ元利と残高スライド元利、元金と残高スライド元金の4種類ずつに分かれていて合わせて、全部で8種類になります。(図表9)

残高スライドとは、借入残高に応じて返済定額や、定率を変更(スライド)しながら弁済していく事です。定額と定率の長所を合わせたようなシステムで、消費者金融でも最近多く採用されています。

定額方式

返済額自体もしくは元金充当分が毎月一定額である事が特徴です。下記に元利定額(元金と利息を合わせて定額)と元金定額(元金のみが定額)の返済事例を作ってみました。200000円の借入金と年利が18%という同一条件で比較してみましょう。
ブルーの表をご覧頂くと、返済額はいつも15000円と均一になっています。それに対してその下にあるオレンジの元金定額の方は元金だけが一定で、後で利息分を加えた金額を毎月支払います。借り入れ条件が同じだと元金定額の方が早く返済できる事が分かります。しかし返済額は利息分を後で加えているので、少々負担額が大きくなります。




定率方式

借入残高に対して、いつも一定の定率をかけて返済額を決定する事です。定率は金融会社によって違います。定率の場合も、定額の理論と一緒で上記の返済事例が当てはまります。借り入れ条件が同じだと、元金定率の方が早く返済できます。

つまり、元金○○リボルビングの「元金・・」とつく方式の方が、「元利・・」と付く返済よりも早く完済できる事を覚えておいてくださいね(^^)v